Home > thoughts > ビッグデータロマンと地球滅亡の間(つづき)

ビッグデータロマンと地球滅亡の間(つづき)

  • Posted by: nakamura
  • 2015年4月28日 01:47
  • thoughts

(これは、アドバタイムズの記事のつづきです)


すべての情報が相互に共有され、自己と他者の境目が曖昧になってきたとき、

Tポイントカードの人類補完計画は完遂する。


ありとあらゆる日本のスタートアップビジネスが、イマイチ台頭できないなか、

このウルトラダークグレーゾーンを突き進みながら、ひとり人類補完計画をやっている超ベンチャー企業ことカルチュア・コンビニエンス・クラブは、ウルトラパンクな会社として、ホント応援しているんです。


 


惜しいのは、よくも悪くも、あの「カード」という形態だ。

もうぼちぼち、カードという形、いらないんじゃないかと思う。

いっそ、新生児が生まれた瞬間から、心臓にTポイントカード埋め込んでくれたほうがいい。

所持者の心臓が止まったときに、Tポイントの効力が失われる。


 


そうすれば、ファミマの店員も「あのう......Tポイント......」などと言わなくても、

ぼくの体内に埋め込まれたiBeaconとかでTポイント加算してくれればいいじゃないか。


 


ならば、さらに進めて、

Tポイントに人生そのものを記録してもらうのはどうだろう?


子供の親になってみて、「どうも継承と進化というものは効率が悪い」と思う。


たとえば、うちの子はいまだに「とうもろこし」を「ぽーころし」とか言っている。メチャクチャかわいいんだけど、心のどこかでは、面倒臭すぎる。いっそぼくの人生体験をFinal Cut Proで切り刻んで70時間くらいに圧縮してもらって、それ見てもらって「はい、ヒロキの人生はマスターしました」などということにしてほしい。


 


そのレベルになると、

もうTポイントも、ポイントですらなくなる。

「T」そのものになる。




 


「T」は、ひとりひとりの心のなかにある神性とか、

そういったものになるーー。


 



旧約聖書で、キリストが磔に処せられていた場所は、何だ?


 


 



......十字架だよ。


 


そう。

あの「T」の形と、ゴルゴダの丘に掲げられていた十字架は、完全に符合する!



つまり、Tポイントこそ、人類の原初であり、人類の滅亡を意味していたんだよ!!


 


 



な......なんだってーー!!


 


 



おい、ちょっとカルチュア・コンビニエンス・クラブの「CCC」を書いてみろ。


 


 



『こうですか』


 


 



「c」の穴を埋めるように、縦線を3本引いてみろ。


 


 



『こうですか』


 


 



それを左右反転してみろ。


 


 



『こうですか』


 


 



何に見える?


 


 



『こ......これは......【bbb】に見えます!!』


 


 



ちがーーーーう!
【666】だーー!!!






ええーーっ!!?


 






ヨハネの黙示録に記述されている、「獣の数字」だ!


地球は、滅亡する!


 


 



な......なんだってーー!!


 


 


 


CCCさん、賢いデータの使い方、尊敬しています。


< 完 >


 

Comments:0

Comment Form

Search
Feeds

Return to page top