Home > 428 ~封鎖された渋谷で~

428 ~封鎖された渋谷で~

  • Posted by: nakamura
  • 2009年9月26日 15:42

428.jpg

428 ~封鎖された渋谷で~

PS3版が出たせいか、Wii版が、ドンキホーテで2,800円で売っていた。

プレイして驚いた。これはひさしぶりに素晴らしいゲームだ。

 

 

【前情報】どのへんが素晴らしいか。

4Gamersレビュー 「とりあえず買っておけ」

Amazonレビュー

 ここまで平均的に高い星は、なかなか目にしない。これはおそらく「だまされたと思って買ったら、予想外にものすごく良いものだったし、誰にでもオススメできる」という感覚が働いているのではないだろうか。

 

私はふだん、んもう枯渇しそうなばかりに、Webの企画を出し続けている。その中で、「通りそうなアイデア」だったり「面白く展開できそうなアイデア」ってあるんですね。しかし、普通にサウンドノベルというジャンルを、企画段階で論じるとき、「こう面白くなる」という判断をするのは、難しい。だって、文字読んで、選択肢を選ぶだけの、ゲームブックだもんね。

 

しかし「428」はもはや、完全にゲームブックではない。

複数のキャラクターが、渋谷のひとつの事件に絡み合って、それぞれのキャラを行き来して、読み進めていくゲームだ。つまりこういうこと。

 

どこが面白いのか?というと、ひとことでいうと、ゲームバランスだ。

「誰にでも操作できる、カンタンな所作」が、だんだん歯ごたえの

あるゲームバランスになっている、ということ。で、これは、いくら口で言ってもわからないので「いいから買ってみ」という結論になってしまうのだろう。

 

で、このゲームは、ドラクエすらできないほど、飽きっぽくなってしまった私でも解けたので、絶対に攻略サイトは読まないほうがいい。攻略サイトを検索すらしないほうがいい。googleの検索結果のdescriptionに、タマの正体とか、書いてあったりしちゃうからだ。そして、解いた瞬間に、攻略サイトを開き、まだまだある隠しゲームにどんどんトライしたほうがいい。

Comments:0

Comment Form

Search
Feeds

Return to page top